学校概要

地域の概要

  学校は、本部町の中央を流れる満名川沿いにあり、学区域も町役場をはじめ郵便局、病院、
  警察署、市場、その他公的機関が集まる本部町中心部とその周辺でもある。
  本部町27字のうち15字と半数を占め広範囲にわたっている。地域形態も多様で、渡久地・
  東・谷茶・大浜の商工住宅街と、農漁業形態の健堅・大浜、純農業形態の辺名地・大嘉陽・
  伊野波・並里・山里・野原・浜元・古島・大堂と多様である。
  地域社会は、町の中心地として、やや都市形態をなしている。海洋博記念公園への通過地
  としてにぎわいをみせている。職業形態も、商業・建設業・農漁業・運輸業・公務員と多様
  である。

本校の概要

 (1) 学校

  本校は、本部間切唯一の小学校として、1882年(明治15年)3月10日、渡久地区にある俗称
  本校ガーの一帯に創設された。その後、明治21年以降、謝花、瀬底、伊豆味、埼本部の各
  校が分離独立した。そして、第二次世界大戦により、校舎をはじめ一切の書類等が失われた。
      本校はやむなく通称ワリガー一帯に移転し、学校教育が行われた。しかし、中学校と敷地が
      ほとんど一緒だったため、昭和53年4月に通称ハマガー原に移転し現在に至っている。その
  後、伊野波小学校や浜元小学校、健堅分校が本校に統合した。
  2014年4月(平成26年)には校舎全面改築の落成式が開催され、敷地は同じであるが、校舎や
  運動場がこれまでと異なる位置へ移動した。

 

 (2) 児童

  現在児童在籍491人で、本部町一の大規模校である。児童は全般的に明るく素直で、個性的
  な子どもが多くみられる。活動を好む児童が多く、学校行事や学習はもちろん、部活動にも
  積極的に取り組んでいる。対外的な行事での活躍も見られる。学習(基礎学力)や生活態度の
  面で、目標を持って、自ら求めて学ぶ自主的な態度と基本的な生活の習慣化を図り、人間性
  豊かな児童の育成に努力する必要がある。

 (3) 規模

(平成28年4月現在)

児童数 学級数 職員数
491名 19 40名

 

TOPへ